友の会は、1930年(昭和5年)羽仁もと子を中心に雑誌「婦人之友」の愛読者によってはじめられました。創立以来、
「思想しつつ、生活しつつ、祈りつつ」
をモットーとして、よい家庭生活を築くことを基盤にキリスト教の精神に基づいて、自由・協力・愛による社会の建設をめざすことをその趣旨としております。
 現在、全国友の会は海外も含めて186友の会があり、会員数は約18,000人、それぞれの友の会は毎年交替のリーダー、委員等によって自主的に運営されています。また、東京に全国友の会中央部が置かれ、毎年選出される中央委員がその運営と連絡の任に当たっております。

 


 東京第二友の会は、世田谷区を中心に、杉並区、渋谷区、狛江市の会員約200名、家の近い会員が数人集まって最寄を作り、月2回の最寄会をもっています。また、全会員のための月1回の例会などを開いています。
 他に、乳幼児を持つ母の集まり、家事家計講習会、乳幼児講習会、友愛セール、洋裁教室などをしています。

お知らせ

 

 

7月25日(木)夏休み子ども教室』開催

 お申し込み・お問い合わせはこちらから

 

★6月家事ごよみを更新しました

子育ての樹

6歳以下のお子様とお父様お母様専用のホームページです。ぜひご覧ください。

最近の活動の様子はこちらのブログから